2018年4月19日木曜日

私はまだ返済できていると思っている方へ

一昔前といっても、出資法による上限金利が40%越えの時分、武富士・アイフル・レイクなんて多重債務者の債権者に必ず含まれていましたね。
エイワが含まれるようになると、そこそこ闇金もといったのがスタンダード。その頃は「過払い」なんて言葉すらない時代。弁護士事務所では債務整理とっても平然と、利息制限法の上限金利を付けて和解しているところもありました。まじめに「東京三会統一基準」(多重債務者に対する任意整理を処理するための全国統一基準)どおりに交渉すると決まって裁判でした。要するに統一基準が遵守されて和解に至ってなかったのです。今はどうでしょうか?
 過払といっても弁護士が群がるように「過払交渉」に躍起となったのも債務者のためというよりは、確実に過払い金から弁護料がいただけるということからです。しかし弁護士が債権者と交渉して、残った借金を整理する方法(任意整理)は、統一基準どおりということになると元金和解(将来の金利をカット)のはず。確かにそうであれば、返しても返しても借金が減らないと嘆いていないで弁護士に相談したほうがいいかも。なぜなら金利だけを返すことしかできない生活収支は、借金オーバーですから。
 
コメントを投稿

特定商取引法  クーリング・オフ     最近目立つのは不動産業者による サブリース契約にともなうアパート建築請負契約の勧誘 です。 不動産サブリースに関するアパート建築請負契約は、不動産業者などが訪問して勧誘がなされるなど、訪問による勧誘や契約がなされることがあります...