2018年4月19日木曜日

「江戸時代の一ツ木町名主秋元八郎左衛門の先祖九郎九が住んでいて坂名になった」と、九郎九坂の標識の説明書きにあります



ところで、この標識が立っている場所は、豊川稲荷神社があるところです。


ここが国道246号線。
見える入口は一つ木通りです。入口からはドンキホーテの看板も見えるのですが時代ですね。
コメントを投稿

サブリース被害対策法律事務所: 【サブリース被害対策として取り組んでいる具体的な事例】法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、全国の不...

サブリース被害対策法律事務所: 【サブリース被害対策として取り組んでいる具体的な事例】 法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、全国の不... : 【サブリース被害対策として取り組んでいる具体的な事例】 法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、全国の不動産のエキスパートをさらに国土...