2018年5月2日水曜日

ショッピングの支払い方法は心持に影響する?

カードを持っていると、確かに安心感があります。何かあってもカードがあれば、今ここに現金がなくても、後から払えばいいと思うからです。
 心理的に現金で支払う感覚と、カードで決算する場合と、心理としてどう違うでしょうか?
 それは人それぞれでしょうが、私の場合はいまだにカード支払いに現金払いとは違ってすっきりした気持ちがありません。
 仮に欲しくて欲しくてたまらない物があったとしましょう。現金で支払う場合は、思い切ってお金を出しても、そのぶん懐が寂しくなりますが、また頑張って働こうと思ってうれしさ100%です。
 でも、それをカードで支払うとなると、翌月決算一括払いでも、なんとなく翌月にお金が引き落ちるという思いが、頭のどこかに残ります。こんな感じ私だけでしょうか?
soudan@6161.jp

リボ払い(リボルビング):クレジットカードの支払い方法の一。
これは、5万円の買い物をした時に支払日に5万円を払うのではなく、例えば5回に分けて1万円を5か月月にわたってお支払いする方法です。
月々の支払いが少なくなるので非常に楽でありがたいと思うところに落とし穴があります。
 
コメントを投稿

スルガ銀行 不正融資 2018年9月7日金曜日、スルガ銀行の不正融資問題をニュースでご覧になった方も多いはずです。不正融資問題に揺れるスルガ銀行の第三者委員会(委員長:中村直人弁護士)は調査報告書を公表。審査書類の改ざんや偽装に多くの行員が関与していたことを認定した上で、岡...